スキンケア

肌荒れが起こる原因と対策|ターンオーバーのサイクルと仕組みを理解する


くすんだ肌を治したくて過剰にケアをしたり、手で弄ったりしている方も少なくないようです。

このような肌荒れを発生させる要因は大きく分けて3種類あります。

まずは自身がどのようなタイプに該当するのかをチェックしてみてください。

1:角栓で毛穴が塞がっている

毛穴が邪魔な皮脂や古びた角栓で塞がってしまうと、酸化して黒っぽく見えてしまうことがあります。

毛穴に角栓が蓄積しているわけですから、そのぶん毛穴が拡張する影響で影が発生してしまい、余計に黒みがかってしまい分かりやすくなってしまうのです。

また、角栓で毛穴が閉塞したまま放置していると、黒いだけに留まらず肌荒れを招く恐れもあります。

2:メラニン色素が溜まっている

下着による圧迫や摩擦、UVなど皮膚がダメージを受けると「メラニン」と言われる色素が生成されるのですが、それが溜まると黒っぽくなってしまいます。

ですから、黒ずんだ肌を作りたくないのであれば、皮膚を無意味に擦らないようにしたり、UVケアをきちんと実施して、肌荒れの発生を防ぎましょう。

メラニン色素の影響で黒っぽくなるケースでは指でその部分を触ってもザラザラ感がないことがほとんどです。

黒ずんでしまう理由として一番多いのはこの「メラニン色素の過剰発生」だと伝えられています。

美白クリームはくすみや黒ずみに働きかけてメラニン色素を分解する元来、生まれ持ったときからの体質や生活習慣などそれぞれ違いがあるように、肌にも個人差があります。 本来のような素肌に戻すた...

3:産毛の影響

シミやくすみなどではなく、産毛の影響で黒く映ってしまうこともあります。

産毛が生えているのであれば、慎重にそれを剃ってしまえばくすんだ箇所が消えることもあります。

しかし、埋没毛(皮膚の中に埋まっている毛のこと)のせいで黒っぽく見えてしまう場合もあるので困難です。

毛穴が角栓で塞がっていることが原因の肌をケアする場合は適切に洗顔クレンジングもを行い、その後十分に保湿することが大切です。

毛穴を閉塞させている角栓を擦って除去しようとすると、肌が乾燥してしまう可能性が高いのでNGです。

擦ることで、角質層にダメージを与えてしまうと、それを保護しようとする働きで、むしろ皮脂の発生量が多くなってしまい、さらに角栓が塞がりやすくなったり、毛穴周辺の肌が硬化してしまったりする可能性があります。

洗顔とクレンジング方法


洗顔フォームやクレンジングは適切な量を使うことも大事です。

少なすぎると、泡が立たず塗る際に指と皮膚の擦れから負担がかかってしまい、ダメージを与えてしまう恐れがあるからです。

角栓による毛穴の閉塞が原因の黒ずみで苦悩しているのであれば、蒸しタオルを乗せて軽く温めるお手入れを7日に1回くらいのペースで行うことを推奨します。

温めることで、毛穴を閉塞させている邪魔な角質や皮脂が除去されやすくなります。

この時、メラニン色素が原因の黒ずみに関しては強く擦らないようにしてください。

UVケアは鉄則


UVを浴びるとメラニン色素が生成されやすくなるため、オールシーズン日焼け止めを塗布してからお出かけするなどのケアをしていきましょう。

日焼け止めに関してですが「PA」の+がたくさんあるものほどUVカット力が強く、SPFの数値が高いほど、皮膚が赤くなりにくくなります。

しかし「紫外線ブロック力が高いものを!」という考えで選ぶのは注意してください。

その理由として、数値が高いほど、皮膚へのダメージが激しくなるからです。

その場面に応じて使い分ける必要があります。

一例として、スキー場やサマーシーズンの海などでは「PA++~PA+++」&「SPF30~50」くらいのものを使いたいところです。

室内にいるときや120分前後のお出かけくらいなのであれば「PA+~PA++」&「SPF10」くらいのもので構いません。

日焼け止めを使った際、ある程度時間が経ったら忘れずに落としましょう。

皮膚に日焼け止めの成分が残存してしまうと、その影響で乾燥が生じることもあるので油断は禁物です。

先ほど紹介した産毛は脱毛エステや皮膚科で処理してもらうことを推奨します。

シェーバーや毛抜きでセルフ脱毛をすると、皮膚にダメージを与えてしまい、肌荒れを引き起こしたり、黒ずみをエスカレートさせたりする可能性があるからです。

黒ずみケアやくすみ沈着に関して調べると実に色々な手段があることが分かります。

それらは大別すると「皮膚科などに頼る」「セルフケアをする」の2タイプに区分され、それぞれに利点と欠点があります。

まず、セルフケアとしては美白クリームを使うのがおすすめです。

自宅で手間なく塗ることができて、コツコツ続けやすいのが利点だと言えます。

対して、皮膚科で行うピーリングやレーザー治療は保険の対象外ですから、治療費が跳ね上がってしまうかもしれません。

しかし、美白クリームであれば、オンラインショップで定期購入などを活用すれば、月々5,000円程度の出費で済むはずです。

大半の美白クリームにはくすみや黒ずみの元凶であるメラニンにアプローチする成分が入っていますから、継続使用することでだんだんと肌の色を白くしていく効果が望めます。

また、美白成分だけでなく皮膚を保湿したり、コンディションを安定させたりする成分も含まれているため、皮膚との摩擦やムダ毛のセルフケアでダメージを負ってしまった皮膚もきちんとケアすることが可能です。

美白クリームのなかには「成分の安全性の高さ」をアピールしている商品も多いので、肌が傷んでいると感じる方はそういったタイプのクリームを使うことをおすすめします。

ただし、美白クリームの効果はすぐにあらわれるものではないということは覚えておきましょう。

ターンオーバーのサイクルと仕組み

皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の周期や仕組みを理解しておくと良いでしょう。

肌に関しては「役目を終えた角質が剥がれ落ち⇒新しい皮膚に刷新される」ことをターンオーバーと呼び、健康な方でも1サイクルで4週間程度かかります。

ターンオーバーの期間は30代ではおよそ45日程度、40代の方は60日前後、そして50代になると75日ほどかかると伝えられています。

綺麗な肌を実現するにはこのターンオーバー機能を利用する必要があります。

目で見える効果を得るには最低でもターンオーバーの1サイクル期間は使い続ける必要があるのです。

1サイクルあたり、少なくとも30~60日くらいは継続しないと効果が出ないものだと思っておくべきです。

一度この周期を終えると、黒ずみが解消されている傾向が高く、美白クリームなどを使い続けることにより、黒ずみの予防とキレイな肌の維持に繋がります。

しかし、そのサイクルは、年齢とともに次第に落ちていく傾向にあります。

摩擦や紫外線などによりできてしまった黒ずみも、ターンオーバーの周期が活発に働いている時にはすぐに治るものの、加齢の影響で周期が衰えてくると治りにくく、黒ずみやくすみが消える前に次のメラニンが作られて蓄積されてしまいます。

また、ホルモンバランスが乱れたり年齢を重ねたりすると、ターンオーバーの周期が遅れるため、できれば180日程度は継続使用をしてみましょう。

少しでも早く黒ずみやくすみなどの肌荒れ改善効果が発揮されてほしいものですが、慌てずコツコツ実践することで、やがて解消へと導いてくれるはずです。

美しい素肌を取り戻すには生活サイクルの再確認をすることから始めてみる 美肌を目指すなら、まずストレスを溜めないことが要されると考るべきではないでしょうか? それに偏らない栄養バランスの摂れた食...
error: Content is protected !!