バストケア

バストケアは必要不可欠なことを認識して継続することに意味がある

成長期ならわかるけど「大人になってからバストケアなんて不可能では…?」と感じるかもしれません。

しかし、胸の構造をしっかり理解して努力すれば成人してからバストを成長させることも十分に期待できるんです。

まずは大胸筋に注目してみましょう。

大胸筋は胸の上部にある筋肉であり、バストを支えてくれています。

そのため、筋力が衰えてしまうと、バストが小さくなったり、下垂しやすくなる傾向が高まる恐れがあります。

しかし「筋肉」だから自分で鍛えることが可能なのです!

日頃から無意識のうちに使うことがあまりないため「大胸筋に有効なエクササイズ」をすることがポイントとなります。

大胸筋を鍛える場合、バーベルを使ったり腕立て伏せをしたりする運動が有効になります。

また、鍛えた日もそうでない日も連日マッサージを実施して筋肉をほぐすと良いです。

そして、乳腺も重要な部分です。

女性ホルモン(プロゲステロンやエストロゲン)は乳腺に刺激を与えてくれます。

乳腺が成長すれば、周囲に脂肪がつきやすくなるため、育胸に繋がります。

乳腺は大胸筋と違って物理的に鍛えられるようなものではありません。

しかし、女性ホルモンの生成を促進させればバストを成長させることが可能になります。

・適度な運動(エクササイズ)
・食習慣のバランス
・女性ホルモンに有効な栄養素を摂る
・規則的な睡眠習慣

などを摂り入れて、女性ホルモンの分泌量を促していきましょう。

ただし、これらの事に取り組んでもすぐに女性ホルモンが分泌しすくなるわけではありませんから、毎日地道に実行するよう努力することが大切です。

バストケアだけでなく「体力増進」と考えれば無理なく習慣化できるのではないでしょうか。

バストの大きさは遺伝で決まる?


バスト関連では確かに遺伝するようなことも言われているようです。

ですが実際には「母と娘で胸の大きさが違う」「姉の方が胸が小さい」という報告もあります。

※この「相違」と言いますか、実際にそういう母娘や姉妹も存在しています。

ですから「遺伝はするが、それだけで決まるわけではない」と考えておきましょう。

遺伝よりもむしろ「脂肪の量」や「乳腺の成長度」による要素が大きいと伝えられています。
バストケアは自身にマッチした方法を実践することで結果が得られる ボディケアグッズのなかでも人気が継続しているバストアップクリーム! 自宅でマッサージをしながらバストケアできることも支持を...

バストケアと体脂肪の関係


「胸は大部分が脂肪で構成されているから、体脂肪を増加させたほうがバストケアできる!」と思っている女性も少なくないはずです。

実際、それなりに脂肪がないと胸を大きくすることは難しくなります。

具体的には「カップ数AA/体脂肪率20パーセント未満」という条件をすべて満たしているかそれに近い場合、育乳するのが難しくなるとされています。

仮にダイエットをしている影響であれば、今すぐやめて一般的な食生活に戻すべきです。

それに加え、過剰に運動しているのであれば、なるべく控えめにするべきです。

ですが「標準体型/体脂肪率20パーセント~」という条件をクリアしているのであれば、脂肪や体重を増やすことはありません。

むしろ「胸を成長させたいからたくさん食べよう!」と考えてしまうと、単なる肥満に繋がってしまう可能性も否定できないので気を付けてください。

「胸だけを太らせる」という都合のいいことはできないと推測されます。

極端に痩せていないのであれば、バストに有効なケアを継続していきましょう!

標準体型と体脂肪率の条件

先ほどの条件を満たしているのであれば、脂肪や体重を増やすことはありません。

※カップ数がAA以下である場合は、次項でお伝えする方法を試してみてください。

まずは「右のトップ」「左のトップ」「鎖骨の真ん中」を線でつないだと仮定して、綺麗な正三角形になるか否かを確認してみてください。

 この三角形が歪んでいるのと、胸が離れたり垂れたりしていると見てまず間違いないかもしれません。 

※測定の場合には個人差が生じるため、その辺は各自の判断によります。

このようなケースでは脇やお腹に流れた脂肪を元の位置に戻すことで、バランス良いバストに導きます。

少なくともある程度はボリュームが上がると考えられます。

適切な方法で、大胸筋トレーニングをしたり、バストケアマッサージを行ったりしましょう。

また、バストのしぼみや下垂ケアをしたいのであれば、寝る前にナイトブラを着用することをおすすめします。

育胸目的で選ぶナイトブラは【機能性と着け心地】は外せない! 日中はブラをしてるし、夜用のブラなんて必要なの?と思うかもしれませんが、寝ている間は昼間とはまったく違う体勢になります。 ...

女性ホルモンを促進してバストケア


胸に弾力がなかったら、胸を寄せたり上げたりしてもたるんでしまい、キレイな胸元に導くことができません。

しかし、女性ホルモンを活発にする成分を摂り入れることで、ハリを与えたり、弾力ある胸元が望めます。

ここ最近になり、次々と販売されているバストアップサプリには女性ホルモンの代謝を促進する成分が配合されている商品も多く、肌にツヤが出てきたり、厄介な冷え性の軽減も期待できるようです。

そのようなサプリの効果によって、女性ホルモン(エストロゲン)がスムーズに分泌できれば肌にも瑞々しさが増し、若返りが期待できることと、胸を中央に寄せたときに上方向に移動した形状を維持することにも役立ちます。

それと同時に、バストケアマッサージを組み入れることで、不要な老廃物が体外へと排出すれば、バストに限らず、広い意味で健康面への影響も期待できます。

手軽に飲めるバストアップサプリを取り入れながら、ライフサイクルを少しずつ習慣化させれば、胸の成長に繋がります。

多くのバストアップサプリがリリースしているため、競争率も伴い良い意味で値段がリーズナブルになってきているし、いつでも実行可能という観点から、売れ行きも好調のようです

ただし、精神面は気を付けておきたい要因のひとつでもあります。

小さい胸でずっと悩みを抱えてる方はコンプレックスに思う気持ちからストレスが生じてしまい、せっかくのバストケアが阻害される可能性が高まると言うことです。

何事にもいえることですが、ストレスは心や体にも悪影響と与えることもありますから、なるべく溜めないことが基本になります。

error: Content is protected !!